beatmania2DX Original Course

      ・過去の遺物
       2DX16 EMPRESS "Seven Deadly Sins"  
       2DX15 DJT "The Legend of MANA"  【Result】
       2DX14 GOLD "Almagest"  【Result】
       2DX13 Distorted "God and Fools"  【Result】


2008年06月30日

Soldier's Waltz

・生まれ変わったショパンの夢の物語!
 『トラスティベル』PS3版の新要素を紹介
 (電撃オンライン)

 RPGでマルチエンディングとかホントやめて欲しいんですけど
なんで複数回プレイすること前提ですか! 5時間くらいで終わる短いヤツならともかく、
クソ長いRPGでそんなことするのは暇人大学生かニートだけですYO!

 いつの間にか発売日決まってるし
9月18日か、それまでにPS3買っておけってことですね

 いや、そろそろ買っておくか! 割とマジで
posted by yaripon at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | TrustyBell

2007年06月30日

TrustyBell Preview 4 「Heroine」

 これで最後ね

・美しい音楽には次世代機がよく似合う
 『トラスティベル 〜ショパンの夢〜』
 (電撃オンライン)

・ショパンがいまわの際に見た夢とは?
 ――実在した音楽家をモチーフにした異色のRPG
 (ITmedia)

 えーい!
もうショパンとかどうでもいい!


ポ ル カ に 萌 え る ん だ
 この勝ちポーズいいわぁ・・・
コレ見たさにトドメを差してしましそうです


・TrustyBellプロモーションムービー4「バトル編」
 アツイ! 戦闘シーンのダイジェストは燃えるぜぇ!

 ちなみに、プロモムービーは公式でも見れます
ようつべのショボイ動画じゃ嫌な方は公式へどうぞー
posted by yaripon at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | TrustyBell

2007年06月29日

TrustyBell Preview 3 「Chopin」

 まだやりますよ?

・「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」インタビュー:
 構想6年。「ショパンコンクール」から始まった物語
 (ITmedia)

 開発がゲームメーカーのサウンドチームというだけあって、
音楽から作品を膨らませていったようです そして注目すべきはここ

>ただ「次世代機向けの高度なスペックでRPGを作ろう」というテーマがあったわけです。
>最初はPCベースで作り上げていたのですが、Xbox 360が次世代機の中では
>先行していましたので、こちらでリリースされたということです。

 X-box360で発売した理由は、「先行してた次世代機だったから」だけ?
ということは、もしPS3が先行してたらPS3で出てた可能性もあったってこと?
 もっと言えば、あえてX-boxである必要はなく、他のハードへの移植もありうる??

 別にX-boxが嫌いなわけではないんですが、どうも先が見えなくてねぇ・・・
まあ、次世代ハードの未来なんてどれも似たようなもんですが
比較的Wiiの未来は明るいんですが、王道っぽいゲームは出ないでしょうし


・TrustyBellプロモーションムービー3「ショパンの夢編」
 このプロモが一番好きです   うふふふっ (1:10くらいのとこ)
posted by yaripon at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | TrustyBell

2007年06月28日

TrustyBell Preview 2 「Revolution」

 思いつきと自己満足で書き続けて、早3年
今日も自己満足で書きつづります ニーズまるで無視

・音楽をテーマに丁寧に作り込まれた王道かつ大作のRPG
「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」
(GAME Watch)


 開発もとのトライクレッシェンドは、SterOceanValkyrieProfileでお馴染みのトライエースのサウンドチームでした 名前からなんとなく分かりますが・・・
 イチオシの理由はその辺にもあったりします
まあ、私がグダグダ書くより、オフィシャルなレビューの方が良いでしょう

>ポルカが高所から飛び降りるシーンで、きちんとスカートを抑えている姿には
>女性らしい仕草まで再現されていて思わずグッときた

 わかる!わかるぞぉぉぉぉぉ! ゲームやってないけど

 システムも王道かつシンプル
最近のやりこみ系RPGにウンザリしていたので丁度良いです


・TrustyBellプロモーションムービー2「革命編」
 バックで流れている曲は、2DXでもお馴染みの「革命」 タランタラーン
「ジェイドコメット!」の声がハルヒにしか聞こえませんwww

 とにかくX-box360以外のハードに移植希望! 「それが全国民の願いだからね」
 (※元ネタはムービーのラスト)
posted by yaripon at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | TrustyBell

2007年06月27日

TrustyBell Preview 1 「Dreams」

 人は死の直前に、穏やかな夢を見るという
 そこは死の間際に垣間見た・・・夢の世界・・・

「本当です、これは私の夢の中で、君だって、私の頭の中で作り出された人物なのです・・・」


・Trusty Belll 〜ショパンの夢〜

 舞台は音楽家ショパンが死の3時間前に見た夢の中

 花々から抽出されるという薬、花封薬を売って生計を立てている少女、ポルカ
その体は不治の病に蝕まれ、死を目前に控えていた

 原因不明の病であることから人々からは忌み嫌われ、触れると病気がうつると思われていたことから人々から避けられて生きてきたため、人を信用できなくなっていた
 しかし、ポルカには不治の病の副作用として、人々にはない力、魔法を使うことができた

「私の残り少ない命、何か役に立てたい」


 そんなポルカはショパンと出会う
「へぇ、ショパンさんも魔法が使えるんですか」
 ショパンも同じく死を目前にする者、やはり魔法が使えた しかし、ショパンはこう告げる

「これは私の夢の中」
「君だって、私の頭の中で作り出した人物なのです・・・」


 ・・・


〜19世紀フランス〜

「やはり、今夜が山かと存じます」
そう告げた医師の前のベッドには、ショパンが病床に伏せていた
「ショパン様は自分と向き合う旅をなさっているのです」
「もし、ご本人が向こうの世界を現実だと思ったときは、そのときは・・・」


 ショパンは死の淵で見た夢の中で、様々な人物と出会う
最初は自分の夢だと割り切っていたショパンであったが・・・

 果たして何が現実で、何が夢なのか
 どこからが夢で、どこからが現実だったのか
 ショパンのその命が絶えるとき、その世界は・・・
 そして、ポルカの命は・・・

「分からないのです、本当に夢の中なのか、確信が持てなくなってきたのです・・・」


 音楽家ショパンは病の床で最後の夢を見る
 

・TrustyBellプロモーションムービー1「別れの曲篇」
 
 
続きを読む
posted by yaripon at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | TrustyBell

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。